オランダに住むには、オランダ語が必要か?

スポンサーリンク

そんなのは当たり前でしょ?と思う人もいれば、そうでもないと思う人もいるオランダ語。それについて考えました。

まずオランダへの移住を考えた際に、「英語が十分に通じる」という点は、とても重要な項目でした。

しかし、実際に生活を始めてみると、やはりオランダ人はオランダ語を話していますし、基本はじめにはオランダ語で話しかけられたりします。スーパーなど。

街中の看板、標識ももちろん、オランダ語です。

でも、こちらがオランダ語が出来ないとわかるとすぐに、切り替えてくれるのは確かです。英語もまだまだ発展途上な私は英語も習得したいので、ついつい英語で受け答えをしており、オランダ語の学習もストップしがちです。

そして、1年も暮らして、語学はどうなのよ?伸びたの?と気になるところですが、

やはりただ暮らしているだけでは伸びませんね。。緩やかには伸びていると思います。ただ緩やか過ぎます。

学校、会社など強制的に関わるコミュニティーがない中で、語学を伸ばすのって、自分が意識を高くもっていかないとかなり難しいです。

ではではそんなところで、私なりの「やっぱり!!オランダ語が必要だ」と感じた瞬間についてまとめました。

  1. 市役所、税務署、保険会社などからの通知
  2. 電話口での、オペレーション
  3. 都市部以外で暮らす時
  4. 現地学校でのやりとり
  5. 公園でオランダ人の子ども遊ぶ時

 

  • 市役所、税務署、保険会社などからの通知

窓口でのやりとりは、英語でも対応してくれますが、書面ではもちろんオランダ語です。今では翻訳アプリも充実していますので、翻訳をすればそれとなく理解することはできますが、英語のようにそのまま読めないのは少し面倒に感じる部分も。

  • 電話口での、オペレーション

音声アナウンスにそって、入力をする場合などは、オランダ語で進みます。正直、全然聞き取ることが出来ないです、、何もしないでいると、コールセンターに繋がるので、そこで英語で対応してもらうことも。

  • 都市部以外で暮らす時

現在は、デンハーグに住んでいるので、オランダ人の中にポツリという環境ではありません。英語で会話をしていてもそこまで浮くことはないです。ハーグは国際的な都市なので、移民や駐在員も多く、むしろ公園や図書館など気づけば自分たちも含め外国人ばかりの時も。ハーグから引っ越した友人の話などを聞くと少し郊外に行くだけでも様子が変わってくるようです。

  • 現地学校でのやりとり

娘はこれからオランダの現地校に通うことになるかと思います。余程移民が多くない限り、そこでの説明会、保護者会、他のママさんパパさんとのやり取りは基本オランダ語が中心になっていくはずです。オランダには市営の学校で移民の子供を対象にした学校もあります。さすが、移民に寛容な国ですよね!そこでは、英語の対応もあると思います。また先生によっては個別で英語で話をしてくれる人もいるとは聞きますが、オランダの学校に通って、子どもがオランダ語で学ぶ以上、その保護者であればオランダ語学ぶ必要があると思います。

  • 公園でオランダ人の子ども遊ぶ時

1年住んでみて、子どもと遊ぶのに言語なんていらないという考えは、半分嘘、半分本当だと思いました。仲良く遊んでいるだけならいいんです。でも、何かしらトラブルになってしまった時、自分の子、相手の子と両者の話が聞けないというのは、困りものです。子どもなので、トラブルはつきものです。加害者であっても、被害者であっても、子どもの話を聞いて親が状況を把握できなければ、その経験から子どもたちが学べることが少なくなってしまうなと。子どもの喧嘩の仲裁など、職場で日常的に見てきた私にとっては、実は一番歯がゆい部分かもしれません。全て日本語だったらーーーーー!!!こうして、ああして、と順をおって子どもと話すことができただろうにと。子どもたち同士その経験から人との付き合い方が勉強できないのはとても勿体ないです。でも言葉では交わさない部分で、子どもなりに学んでいるところも多分にあるとは思います。

よく、ネット上では英語で対応してくれるからオランダ語の習得はいらないという話も聞きますが、子連れで移住する場合は必要なのかなというのが私の感想です。周りがオランダ語で話している中に、自分がいることで英語でその都度対応してもらう時など、申し訳ないなと思ってしまうこともありました。(申し訳ないって発想がそもそも日本人ならではだったりして?)

中にはオランダ在住の方で仕事をオランダだけでなくヨーロッパで広く活動している方は(ご夫婦の方)、10年近く住んでいても英語だけで十分生活できるとおっしゃっていました。

スポンサーリンク

オランダ社会にどう関わるか、その尺度がオランダ語習得に繋がるのだなと。深く関わらないのならば、英語でも暮らせちゃうよっというのが、オランダのある意味凄いところだと思います。

さて、私はオランダでしばらくは住み続けたいと思いるので、やはり英語だけでなくオランダ語も習得!!を目標にしたいと思います。

どの語学であってもやっておいて損はないはず!

子育てしながらの勉強は、歩みがなかなかゆっくりですが、焦らず頑張ろう!…と思う毎日です。


【送料無料】 オランダ語の基礎 文法と練習 / ケイコ・クレインス 【本】


オランダ語の基礎―文法と練習


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA