オランダ現地幼稚園生活1年経過。娘のオランダ語力はどうなったか。

スポンサーリンク

昨年の9月からオランダの幼稚園生活が始まった娘ですが、その後のオランダ語はどうなったかというと、

オランダ語が話せない娘のオランダ幼稚園ライフ

ものすごくペラペラになっています!!

これは幼稚園の先生たち全員に驚かれるほどで、先生たちも一日3時間と短い幼稚園だけではこんなに話せるわけがないと思うのか、

「どこかほかに学校に通った?」「家ではオランダ語で生活してるの?」など先生方に聞かれるたのですが、そうしたことは全くしておらず

娘のコミュニケーションとりたい!!!

という気持ちが全てを後押しいているのだと思います。とりあえずはこのペースならば、予定している現地の小学校へもすんなり上がれると思うので一安心でした。

最近では、独り言も半部がオランダ語、半分が日本語といった感じになってきています。

娘にどっちでお話するのが楽しいの?と夫が聞くと

オランダ語と答えます。

小学校が始まれば、更にオランダ語を使う時間がどっぷりと増えるので、親子での日本語の会話をもっと大切にしていかねばなりませんね。

やっぱり子どもの吸収力は測りしれない。

そして娘がオランダ語が話せることで、場が和んだりと3歳児にして私たち夫婦とオランダの方との橋渡し役をしてくれています。

ちなみに小学校ですが、無事第一希望の学校に決まりました。

あと少しで始まる小学校にワクワクしているのは娘で、オロオロしているのは私です。

*最後までお読みいただきありがとうございました*

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA