エアコンの自己流掃除を手放す

スポンサーリンク

みなさんはエアコンの掃除って自分でされていますか?

私は日本に住んでいたころ、とくに実家時代ですね、自己流で掃除していたことがほぼだったのですが、これがなかなか大変でした。。

家族がエアコン掃除にそこまで興味がなかったので、自分の部屋だけ業者の方を呼ぶ!というのが出来なくて。。モヤモヤ。(笑)

スプレー式のものなどで手前は掃除出来ていたのですが、奥の部分は全然です。しかもかなりの重労働。汚水を受け止めるビニール袋が破けて、床が汚れるなんて不効率なことをやってました…(笑)

そして、実家を出て夫とアパート暮らしを始めてようやく、エアコン掃除の主導権を得ることに!

入居前に、不動産屋の方からクリーニングが入りますとお聞きしていたのですが、エアコンから出てくる風はかすかにかび臭い。確かに、見た目は綺麗だけど、なんか安心して使える感じではなかったです。

健康オタクの私としては、やっぱり空気も綺麗な状態に保ちたい。実は食べ物よりも部屋の空気の方が、人体への影響も大きかったりします。

さて目に見えない空気だからこそ、しっかり納得できるように対策がしたいと思い、出産前に、念願の業者のプロの方によるお掃除を頼んだことがありました!

私が以前利用したのはこちらのサイト。

「くらしのマーケット」



このサイトの良いことろは、実に様々な分野の業者さんを一覧で見ることが出来、自分にあった業者の方を選びやすいところです。

例えば、地域密着型であったり、最安値を売りにしていたりなど、簡単に比較することが出来ます。

私は、洗浄液等を出来るだけナチュラルなもので行ってくれるところにお願いしました。

お手入れ中も立ち会ったのですが、薬や合成香料の匂いに敏感な私もとくに違和感なく綺麗にして頂けたので、その際はとても助かりました。

綺麗な画像ではないのですが、こちらが出てきた汚水です。

じゃじゃーん!!って写真を添付するはずが…

OMG!!!写真が消えておりました…どうやら娘っこによって、カメラロールから削除されておりました。。

汚水の画像なんで、あれなんですが、せっかくなら共有したかったです…(バックアップは小まめにですね、はー悲しい。泣)

作業を始める前は、業者の方も

「意外とキレイかもしれませんねー」

なんて言って頂けていたのですが、やはり奥の方のカビは残っていたようです。

実際終わって、出てくる空気の匂いを嗅いでみると全然カビ臭さが無くなっていて、感動しました!!

最後にエアコンの内部のカビを発生させないポイントを教えて頂きました!

注意すべきは、冷房の機能を使用している時です!!

冷えた空気が内部に残った状態で、周りの空気が温かいとそこに結露が発生し、カビの温床となります。

なので、冷房を終了する時には、送風、または温風モードにして、しっかりと内部の冷えた空気を追い出すこと!

これを毎回意識しているとカビが発生しにくくなり、頻繁にプロの方にお願いする必要が無くなるそうです。

ちなみに、その際には自分で費用を全額負担していましたが、契約書を確認して、もしかしたらオーナーさんと費用の折半や、負担してもらえたかもしれないなあと今では思います。オランダの家ではオーナーに交渉するのが基本なので、そういう考え方が身についてきました。

さて、話は変わって現在のオランダの生活ではどうなっているかというと、

〇冷房機器はありません。

昨年2018年の夏は、オランダ人もびっくりな暑さでした。おそらく日本も記録的な猛暑だったかと思います。

基本オランダでは30度を超えると大騒ぎなほど、夏場は大変過ごしやすく、その為部屋には冷房機器がありません。

暑くてどうしようもないという日でも、日陰に逃げてしまえば、なんてことない暑さです。

日本人の私にとっては、少しだけ蒸しっとした暑すぎる夏が恋しく思える時もあります。(でも、週に1日2日だけでいいかな~)

〇暖房機器はセントラルヒーティング。

今住んでいる物件のヒーティングは、ガスによって温められたオイルが循環してヒーター熱して部屋を暖めてくれています。冬場は、ついついパンツとか靴下など干しがちです…♪

スポンサーリンク

お手入れといっても、簡単に拭いてホコリをとったりする程度で済みます。このお手入れの手間があまりないのも、ポイントです。

またこれがとっても温かく外はマイナスになっていても家の中は結構ぬくぬく出来るんですよね。

注意が必要な点があるとすれば、乾燥がかなりひどくなることです。エアコンのような空気の汚れはそこまで感じないものの、もともと乾燥している気候なので、それに拍車がかかるとかなり乾燥します。1日何回か短時間でも換気をしたり、濡れタオルをヒーターの上に置いたり、観葉植物に水を吹きかけたりしながら乾燥と戦っています。

友人宅など訪問させてもらう機会がありますが、エアコンがあるお宅は今まで見たことがありません。優雅なお家は、オランダでも床暖房を取り入れている家庭があります。憧れの床暖房。。いつか住みたい!!

気がつけば、オランダへやってきて、面倒だったエアコンの自己流掃除からさよならしていました。

エアコンとの生活をさよならしたい!という方は、もしかしたらオランダの暮らしがあっているかもしれないですね!

*最後までお読みいただきありがとうございました*


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA