ミニマリスト的出産準備!必要なかったベビーグッズ

スポンサーリンク

前回に、満足いくまで使い倒した(している現在進行形の)ベビーバスについて書きました! →買って、本当に満足したベビーグッズ

今回は、「物を増やしたくない」と思いながら、マタニティ・ベビーグッズを揃えていても、やっぱり使い倒せなかった、そこまで必要なかったものを書いておきたいと思います。

〇マタニティパジャマ

病院からの持ち物リストにあったので、初めての出産でもあり、病院での診察時や授乳時を考えて買ってしまいました。授乳用のボタンはあってもなくても別に変わりません。上半身にシャツを羽織っていれば、楽かなというぐらいです。

他のママさんたちもロンティプ+レギンスの人もいれば、可愛いパジャマの人もいたりとそこまで気にする必要はないと思いました。

〇おくるみ複数枚

使い勝手の良さを考えエイデンアンドアネイのおくるみを2枚購入。

洗い替えにと思い2枚買っていました。その後、ありがたいことに病院や友人たちからもお祝いでもらいました♪

おくるみはあると助かりますが、自分で買うのは、1枚で十分。病院からもらえるとわかっていれば、買わなくていいと思います。たとえもらえなくても、洗っている間は、バスタオルや、ママのストールでも代用できます。ガーゼのおくるみならほんとすぐに乾いてしまいます。

〇ベビー寝具関係

  • ベビーマット1枚
  • ベビーベッド用シーツ2枚
  • 汗取りマット2枚
  • ベット(レンタル1年)

ベビーベットでほとんど寝ない子だったので、ほぼいりませんでした。おむつ交換、お着換え場として利用していただけで。お昼寝も他の場所でしていた方が多かったです。なのでベットのレンタルも1年としていましたが、7カ月過ぎに早めに返却。普通サイズのベビーベッドは東京の我が家のマンションには大き過ぎた気がします。

心配ならば、往復の送料もよく検討して、小さいサイズのベビーベッドを短期間でレンタルする方がいいかなと思います。

しかしなぜ、こんなに張り切って寝具周りを揃えてしまったかというと…

実はジーナ式を取り入れて育児をしようと企んでいました。

しかし、あえなく失敗に。。出産後まもなくは、ミルクと母乳の混合だったので、本に書いてある通りに授乳し続けることが難しくなってしまい、諦めてしまいました。

もし第一子で時間にゆとりがあるよ!という方には一度読んでみるのもおススメします!基本的な赤ちゃんのスケジュールなどを勉強することができます。そして、その通りに進められれば、4か月過ぎごろからは、夜の7時から朝の7時までぐっすり寝てくれる子になるそうです。(ああ、なんて素敵な。)

話がそれてしまいましたが、なので基本的にはマタニティ・出産グッズは焦って買う必要は本当にないと思います。極端な話、

  • 洋服
  • おむつ→布の場合は、揃えるものがあるのでこちらを参考にどうぞ。
  • ベビーバス→衛生面を考えると最初は必要かなと。
  • 赤ちゃん用爪切りや綿棒など衛生面グッズ→すぐ爪が伸びたりして、顔をひっかいたり。綿棒も体の細部をきれいにしてあげるのに重宝します。

とりあえず以上のものさえあれば、あとは生まれた子の様子や母乳の出具合など母の体調をみて、入院中に家族に買ってもらうなり、帰ってからでもネットで注文するなりすれば大丈夫かなと思いました。

雑誌を見たりしていると、ついつい色々買ってしまいたくなりがちですが、パパママの一工夫でベビーグッズも最小限で、赤ちゃんとの時間・空間を大切に過ごせますね。


少ない物ですっきり暮らす【電子書籍】[ やまぐちせいこ ]


シンプル思考ですっきり身軽に暮らす


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA