充実度合いが凄い病院のプレイルーム@オランダ

息子に先天性心疾患の右肺動脈欠損が分かり、入院生活が始まりました。 そこで一番問題になるのは、上の娘の居場所問題でした。 とくに集中治療室は3歳以下の水ぼうそうが終わっていない子はフロアに入ることができなかったので、夫が仕事の日は娘を連れて病院に行くにもそれが難しかったです。… 続きを読む

はじめてのカテーテル検査

生後3ヶ月の息子に、先天性心疾患の右肺動脈欠損が分かり、集中治療室での生活が始まりました。 どのような形で血管が途切れているのか、接続できる血管は存在するのかなどの詳細な検査が必要になり、カテーテル検査をドクターから告げられました。 オランダでは重要な面談の際には、電話にて日本語の通訳の方をお願いできます。これも健康保険でまかなわれています。… 続きを読む

生後3ヶ月、先天性心疾患・右肺動脈欠損が判明するまで

息子に先天性の心疾患が見つかりました。まだ治療の途中です。心疾患には様々な種類があり、また心疾患をかかえるお子さんも実は少なくありません。 心疾患が分かり、情報が欲しくてたくさんのサイト、ブログを読みました。今後同じような病気をかかえた家族の方に何か役に立てればと、私もこのブログに残しておこうと思います。 感染症の入院時に心臓に雑音があると指摘をされたことが始まりでした。… 続きを読む

新生児病棟から退院

生後一週間で原因不明の感染症にかかり、集中治療室を経て一般病棟で二週間ほど過ごし、ようやく退院となりました。 抗生物質を規定量摂取した後は、退院するためにの最後のハードルが「60mlを3時間おきに飲めるようになる」というもので、普通の子なら難しい量ではないのですが、病み上がりの彼にはすごく体力のいることで、なかなか安定して飲み切ることができなかったのです。飲み切れなければ、鼻のチューブをつけたままひとまず退院と言われましたが、チューブを付けたまま家で面倒みれませんと伝え(上の子もいるし、何か事故があったらとても怖っかったんです)、ならば飲み切れるまでいましょう、となりました。 私は朝から夕方まで病院に通い、ミルク、搾乳、オムツ替え、寝かしつけとそれなりに忙しくお世話をして過ごしていました。娘は日本から来てくれていた夫の父親にお世話になっていました。産後まだ1、2週間で毎日外出するのは、予想外の出来事でした。当たり前ですが、バスに乗り遅れそうになっても小走りもできませんでした。。骨盤、ガタガタです(笑)… 続きを読む

生後一週間で、原因不明の感染症と闘う。

生後一週間で感染症にかかり、緊急搬送された息子。 その後、地元の総合病院から隣町の大学病院の集中治療室へ。 この大学病院、実は妊娠中に一度心臓に問題がないか、エコーの再チェックで来ていた病院でした。こうしてここに戻ってくることになるとは、まさか思ってもいませんでした。… 続きを読む

生後1週間、感染症にて緊急搬送。

息子が、原因不明の感染症にかかり、入院しました。 その日は、生後一週間ということで、助産師さんとクラームゾルフさん(産褥婦と新生児専門のヘルパーさん)、どちらも訪問する日でした。 始めに、助産師さんが到着し、ベビーベッドで眠る息子を見て、「少し顔が黄色いかな。でもアジア人はもともと肌の色もあるので、そこまで心配しなくてもいいでしょう。」といい、帰っていきました。… 続きを読む

産後2時間後から自宅で過ごす産褥期@オランダ

無事、病院で出産を終えて二時間後には、自宅に家族で帰ってきました。足をガクガクさせながら、どうにかベットまでたどりつき、やっと休憩です。 今回の出産は促進剤を入れてから4時間のスピード出産だったので、体力がだいぶ残っており、出産後も夫が作ってくれたお弁当をもりもり食べ、家でも息子見てひたすら可愛いと思っていられる余裕がありました。陣痛にしっかり耐えていたのも実質2時間程。本当にあっと言う間で、経産婦バンザイでした。 ちなみに、前回の娘の出産は19時間の促進剤に陣痛に耐えての出産だったので、終わったあとはもう放心状態で気づいたら2時間ほどベットで寝続けていました。… 続きを読む

オランダ妊婦生活記録〜後期編、37週目~

36週目にて、まさかの逆子が発覚しました。その後、正産期間近だったこともあり、助産師さんから一度病院でドクターにチェックしてもらってほしいと言われ、家の近くの総合病院へ行くことになりました。 逆子発覚から3日後、早速病院でチェックをしてみると、なんと!逆子が治っていたんです! あーこれで、無事に助産師さんのもとで出産できると安心したのもつかの間でした。。… 続きを読む