二歳児を連れて、一時帰国して来ました。①フライト編

スポンサーリンク

オランダへ来てから、1年2か月過ぎてはじめての一時帰国をしてきました。オランダでの生活も落ち着きつつある中で、一度日本へ戻って整理をすることもあり、あとは冬のオランダの寒さから脱げるために!(←メインだったり笑)

2歳の娘を連れて、家族三人で冬の日本へ一時帰国です。

今回は、フライトの話を。

今回もトランジットで日本へ帰りましたが、もう次回は直行便にしたい!そう2人で痛感しました(笑)

行きはルフトハンザまで1時間その後は、5時間待っての12時間フライトでした。私は初のANAの国際線です!到着は羽田だったのも魅力的。

ちなみに帰りは成田からチューリッヒまでの再びANAの国際線で長時間フライトでした。

さてルフトハンザにて。搭乗前に呼び出されて、夫が行ってみると、

「ベビーカーは到着後すぐ、使うか、荷物と一緒でいいか」

ということを確認するためだけに。てててて、丁寧な(笑)

でも、2歳児以上は子連れの優先乗車はないそうで。次回からは気を付けないとですね。

機内ではというと、行きの便は夜の出発だったんですが、眠りが浅く何度も起きては授乳を繰り返していました。機内の消灯は24時を過ぎてからだったので、それまでは興奮してなかなか寝れず、ここら辺から体内リズムが狂っていきましたね。

羽田到着頃から、口周りにポツポツと湿疹が…疲れと機内食が合わなかったのが出てしまったのかなあと。乗り換えてから夜出発は大変だよね、おチビさんにとってみたら。。(後々、この湿疹は帰国中治らないことに)

帰りの便は、昼の11時代発のだったので、ほとんど眠ることはなかったんですが、

少し座ってられるようになりました!何時間も薄暗い中、動画を見せることに少し申し訳なさを感じながら…でも成長を感じてしまいます。

それでも12時間は長く…通路を歩いてみたり、トイレ付近の少し広い所へ行ってみたり。3歳になったらまたもう少し落ち着くんだろうな。

最近しゃべれるようになってきている娘、

「楽しい飛行機がいい~」「遊びたい~」とブーブー言っていましたが、帰ってきて飛行機が飛んでいるのを、外出時に見つけると、

「飛行機乗りたーい!オレンジジュース飲むんだよー!」と嬉しそうでした。(←普段飲ませてもらえないからね!笑)

たくましいわ!一方、まだまだ母はゆっくり機内で寝ることは許されないフライトでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA