ゆるやかミニマル生活を目指す@オランダ

スポンサーリンク

移住を機に、かなり持ち物が減ったことで、オランダでの生活でも維持したいところ!

そしてやっぱり、東京暮らしとは勝手が違うオランダ暮らしです。

〇100円均一はない

安く日用品を変える場所は、いくらかありますが、コンビニ並みに100均がある日本は、ほんと凄いなと思います。またクオリティもこちらの安売りよりもしっかりしている印象。オランダではお手頃雑貨店としてはHEMAや、Flying Tigerなどの有名どころがあります。でも、やっぱりすぐ壊れてしまうんですよね。。装飾品関係の雑貨は可愛くてお手頃ですごくいいんですけど、日用品の類になると壊れやすくて。なので、それなりにしっかりと値段のするお店で買うことになる。結果、大切に使わざるえない。簡単に捨てられないので、購入も慎重になります。

〇光熱費が高い

日本よりも、高いので自然とミニマルな使用に。とくにガスとお水は高いと思います。水は貴重な資源なんだなーと改めて実感してます。日本の公園には、当たり前に水場が備えてありますが、オランダの公園では水場がある方がレアだったり。あと湯舟に入るのは、本当にありがたさを感じます。(湯舟のない物件も多くあります。なので、基本オランダ人はシャワーのみなんだろうなー。)さすがに毎日は入れないので、ものすごく体が冷えた日に家族でダダダっと入浴して一度で温かさをキープ!

〇セカンドハンド、バザーを利用して賢く購入

オランダ人は節約家なので、こうした中古品のやり取りは盛んな印象があります。不用品は手放し、節約も目指す!なんとも合理的。キングスデーの町のあちこちで行われるバザーを期待している人も少なくないのでは?(私は今から待ち遠しいです 笑)子どものものは、中古品を賢く利用すればそこまでかかりません♪

〇誕生日プレゼントはレシート付きで?

これは移住前から噂に聞いていたのですが、実際に体験するとは思っていませんでした!

娘の誕生日があり、ママ友からプレゼントをもらったのですが、

な、なんと!レシート付きで渡されました。そして丁寧に、「もしいらなければ、一か月以内なら返品大丈夫だからね」と。

なんて、合理的な考え方なのでしょう。日本人にはあまり通用しない習慣ですね。でも、私個人的にはこういうの好きです♪

ちなみにオランダではミニマルな生活を目指すという考え方は、あんまりない印象があります。お家が広い分、たくさんのものが置けるので、そこまで持ち物を減らすということに関心がないのかなあと。むしろ、「お家空間をいかにアレンジして楽しむのか」そこを大切にしているようです。

しかし広い家だからこそ、ズボラ主婦な私は掃除が大変なので、やっぱり持ち物は身軽でありたいなー♪

スポンサーリンク


脱力系ミニマリスト生活


ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -【電子書籍】[ 佐々木典士 ]


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA