オランダのお水

スポンサーリンク

移住先の、気候とともに気になるのが、「お水」!

体に合う合わないは、生活する上で大きなポイントです。

今回はオランダの水道水やトイレについてお伝えします。

まず、オランダの水道水ですが、

普通に飲料できます。

ただオランダは、日本と違い硬水です。私は若干、硬水らしい、口当たりを感じました。また水道からの直接の水をお鍋にかけると、乾燥したときに、鍋底に白いもの(おそらく石灰?)が残っていました。なのであまりガブガブは飲まれない方がいいかなと。

我が家では、日本にいる時からブリタを使用していたので、こちらに来てもブリタで水をろ過して、使用しています。やはりブリタでろ過すると、石灰も鍋底に残ることなく、のど越しもまろやかになっている気が!します。(あと、お水を買って運ぶのが大変だなーって)

ブリタ(BRITA) ポット型浄水器(1.1L) リクエリ BJ-NLQ 日本仕様 本体+カートリッジ1個付き×6点セット (4006387043568)

そして、もう一つ気になっていたことが!

髪の毛、肌との相性です!

ヨーロッパは乾燥している+硬水+髪の毛が硬め(私です)を考えると、移住前は一体どうなってしまうんだろうと思っていたんですが…

「あれ?全然平気だ。」

「それに、肌が突っ張らない。」

予想外でした。これは、水道水に含まれる塩素濃度が関係しているのでしょうか?日本の塩素濃度はかなり高いと言われていますよね。(検査キットがほしいですね。日本に帰ったら測りたい!)

 

そして、次はトイレです!

(美術館のトイレの案内マークです!)

(お食事中の方、ごめんなさい。でも、一体何人の人が、私のブログを食事のおともにしてくれているかな??気になります)

なんといっても、日本のトイレはサービス、技術が凄すぎてて…

温かい便座に、音姫に、ウォシュレットに、自動で開閉したりなんて

トイレはオランダにはさすがになく、出会ったことがありません。

でもオランダのトイレは思っていた以上に、とても清潔で使用しやすいところが多くで安心しました。(さすがにまだ公衆トイレは未経験です…)

こちらは、場所によってはチップ制になっています。だいだいが30~70セントの間です。図書館や区役所では無料で使えるところが多いです。カフェなどのトイレも、無料で貸してもらえるところもあれば、トイレ前に料金所があって払ってからというところも。

あと、子連れではおむつ替えシートがあるかどうかもポイントですよね!こちらも思っていたよりは、ついている場所が多く、そこまで探すのに苦労はしていません。

ちなみに、ハーグのセントラルステーションでは、一回の使用で70セントを支払います。

 

スポンサーリンク

今回はお水事情でした!トイレは日本ほどのクオリティーはありませんが、オランダもとても快適に過ごせますので、旅行や移住の際は安心していらして下さい!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA