菜食の良さー食事内容をシンプルに

スポンサーリンク

以前、ニキビの回でも書きましたが、ニキビ克服のためにビーガンに近い食生活を送っていた時期がありました。動物性食品をとらないことで起きる体の変化を実感でき、とてもおもしろい体験でした。

それからベジタリアン、ビーガンというものに興味が湧いてきた私は、なんとなく自己流ベジタリアンをこころみていました。

しかし野菜の料理を作っても、なかなか旦那さんに主食のおかずとして認めてもらえるものも少なく、レパートリーが少なかった私。

そんな時に健康・美容通の友人に誘ってもらえた料理教室がとても楽しかったので、ぜひ皆さんにもおすすめしたいと思います。

sofa ソーファ http://www.sofafoods.jp/

「ソーファ」の画像検索結果

 

こちらの教室では、ベジタリアンの定義、菜食が与える体や環境への影響について、肉食の裏側など、なかなか普段では触れられない情報をわかりやすく教えてくれます。そして、調理タイムには、ソイミートやべジハムの上手な料理の仕方を教えてもらいます。ソイミートって上手く処理しないと、大豆の臭みが残ってしまったりするので、とても参考になりました!取り組みやすいレシピを毎回教えてもらえるので、家に帰ってからも再現して料理することができました。きっと男性にも満足してもらえる主役級のおかず料理ばかりだと思います。こちらで私はべジマイスターを取得しました。

菜食主義の良さは、体が変化していくだけでなく、主婦目線での良さも実は結構あったりします。

一つは、お肉や魚介を買わない分、食費が安くなること。その分で、無農薬や、オーガニックなどにこだわってみるのもいいかもしれません。他には、料理の際に、お肉の菌移りなど気にせず調理ができること。また野菜中心の料理では、汚れが少なく後片付けが楽なのもいいところです。

旦那さんはなんでも食べる人なので、一緒に食べる際には私は、お肉を抜いたおかずを食べるといった感じでゆるべジです。食事の健康法は、今や山ほど情報が溢れています。一番大事なのは、自分の体の状態に合わせて、ストレスにならない程度に続けることでしょうか。

飽食と言われる時代、食事内容をシンプルにすることも、色々な発見があっておもしろいかもしれませんね!

スポンサーリンク

 

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA