アイメッセージとユーメッセージ

スポンサーリンク

アイメッセージとユーメッセージというのを、聞いたことはありますか?これはコミュニケーションをとる時のコツとして、私自身がおもしろいなと思っているものです。シンプルで、すぐに始められるので、おすすめです。

アイメッセージというのは、英語の ‘‘I’’を表していて、つまり「私は、~~」という文章になります。逆に、ユーメッセージはというと、‘‘You’’を表し、「あなたは、~~」となりますね。

一つ目のポイントとして、「あなた」という言葉を主語にすると、相手に伝わりにくくなるそうです。

「あなたは、もっと早く起きるべきだ」

「あなたは、勉強しなさい」

と言われても、素直に「そうか」とうなずける人は、どれだけいるのでしょうか?少なくとも、子どもにはなかなか響きそうにありません。

では、ユーメッセージをアイメッセージに変換してみましょう。

「私は、もっと早く起きた方がいいなと思うよ。」

「私は、勉強してほしいなと思ってるよ。」

少しニュアンスが変わってきますが、その変化したニュアンスこそが大事かと思います。でも、伝えたいことは、「早く起きること」「勉強すること」についてで、内容に変わりはありません。もしあなたが言われる立場であったら、どちらのほうが、話を聞いてみようかな?と思いますか。

これは、対子どもだけでなく、大人同士でも十分に使えるテクニックではないかと思います。私も子どもに対する時、とくに対個人で話をする時には意識をしていました。自然と相手の強張る雰囲気も和らいでいきます。

言う(ユー)だけの言葉では、なかなか伝わりにくい時に、

愛(アイ)のあるメッセージを添えてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA