子連れ移住 最初の難関?

スポンサーリンク

子連れの移住で、何が大変か!それは、荷物の多さと運べる人が限られてしまうことです…。いかに必要なものだけを運ぶか、分別や処分が思いの外大変でした。

◎海外移住の際の私たちの荷物の全体は、以下の量になりました。

  • 手荷物のスーツケース×2
  • スポーツバック×2
  • べビーカー×1
  • 船便の12箱(自転車ケース含む)

〇手荷物で持っていったもの

  • パパ、ママ、娘の洋服(3~4着)
  • タオルやおくるみ
  • 替えの靴
  • パパの仕事道具、書籍
  • パソコン
  • 変圧プラグ
  • 布おむつセット
  • パラソルハンガー(おむつ用)
  • 紙おむつ
  • 離乳食
  • 離乳食グッズ(食器や製氷器など)
  • おもちゃ、絵本
  • 化粧品やシャンプーなど
  • キッチンツール
  • お米、出汁などの食料

船便が届いたのは、か月後だったので、それまでの間手荷物だけでの生活。船便が届いた時には、感動ものでした!でも、意外と人間これだけのもので過ごせるんだなと発見もありました。

話は、出発前の東京に戻って。移住前からも、私の断捨離ブーム、そしてミニマリスト願望のため、コツコツとコソコソとものを減らしていた我が家です。しかし旦那さんのものを勝手に捨てる訳にもいかず。手を付けられていないところがありました。物が少ないと思っていた我が家でも、大量の不用品と処分しなければらなない家具、家電が…。

処分した方法としては

  • メルカリで売る
  • ジモティーで売る、譲る
  • 友人に譲る
  • ネットで洋服のリサイクルショップに依頼
  • 区の粗大ごみに依頼
  • 民間粗大ゴミ業者に依頼

メルカリやジモティーで売れても、やはり粗大ゴミの処分費にはかなわず…。夫婦ともに、身軽に生きていくことを改めて決意し、荷物の少ない生活の素晴らしさに気づかされた一コマでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA